ADHD 原因と治療

通院なしで、薬も使わない治療方法

ADHDとは

発達障害の一つにADHDがありますが、ADHDとは具体的にどのような病気か、どのような症状を伴う病気かご存知ですか。

 

 

 

ADHDであるかどうか?の診断は8歳前後〜10歳頃に下される場合が多いようですが、
ADHDは社会生活を円滑に営めないなどの支障をきたすこともあるため、これまで性格の問題だと思っていたが、大人になって実はADHDだったということが発覚するケースも少なくありません。

 

 

 

ここではADHDとはどんな病気なのか?ということをテーマにまとめていきたいと思います。

 

 

 

 

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは「不注意」「多動性」「衝動性」といった3つの症状が特徴の発達障害です。

 

 

 

 

それぞれにどのような症状が伴うのか?

 

 

 

 

具体例を以下にあげておきます。

 

 

 

 

「不注意」の場合は、ケアレスミスが多い、遅刻、忘れ物が多い、片づけられないなどの症状がみられます。

 

 

 

 

「多動性」の場合は、落ち着きがなくじっとしていることができない、喋りすぎるなどの症状がみられます。

 

 

 

 

「衝動性」の場合は、順番が待てずに割り込んでしまう、会話の途中にも関わらず割り込むなどの症状がみられます。

 

 

 

 

ADHDの問題行動から、親のしつけが悪いや乱暴者などの誤解を招き、周囲とのトラブルを招きやすい病気でもありますが、ADHDは親のしつけが悪いから発症する病気ではありません。

 

 

 

 

ADHDを発症する原因は未だに解明されていませんが、注意力や判断力をつかさどる大脳が上手く機能していないのではないかといった説や、母親が妊娠中に喫煙者であったり、アルコールを摂取するなど環境による説が浮上しています。

 

 

 

 

ADHDは適切な治療で症状を軽減させることができますが、ADHDの治療方法には薬物療法や環境調整などによる心理社会的治療、行動療法などがあります。

 

 

 

 

特に行動療法は根気よく治療を進めていかなければなりませんが、非常に効果が高い治療だと言われています。

 

 

 

 

大人になってこれまでの問題だと思っていた行動がADHDによるものだと診断を下されるケースも珍しくありませんが、その場合上司にADHDだということを伝え、理解してもらうことも重要だと言われています。

ADHDの症状について

大人になってADHDという診断を下されるケースは決して珍しいものではありませんが、
大人の場合、家庭内だけではなく社会生活の中での役割を担っていますし、失敗が許されない時もあります。

 

 

 

しかし、ADHDによってミスが多い場合、上司や同僚から指摘されたりミスを責められたりすることもありますし、時には担当から外されてしまうなど失敗に伴うダメージも多く、その結果二次的に他の精神疾患を引き起こす危険性も高くなってしまうため、ADHDでは適切な治療が求められます。

 

 

 

このサイトをご覧になって下さってる方の中には、『自分はADHDの疑いがあるのではないか?』と気がかりな方もおられると思いますが、ADHDにはどのような症状を伴うのでしょうか。

 

 

 

 

ADHD(注意欠如多動性障害)の基本的な症状として、「不注意」「多動性」「衝動性」がありますが、それぞれの症状の具体例をあげ紹介していきたいと思います。

 

 

 

@不注意

 

不注意では細かいことに注意を払えなかったり、集中力が持続しない、忘れっぽい、気が散りやすいといった特徴があります。

 

具体例をあげると、忘れ物や落とし物が多かったり、話を聞いていないようにみえたり、遅刻したり、約束を守れなかったり、ケアレスミスが多い、片付けが苦手などの症状として現れます。

 

 

 

A多動性

 

多動性ではせわしなく動きまわるため、じっとしていることが苦手であったり、落ち着きがないといった特徴があります。

 

具体例をあげると、授業中にじっと落ち着いて座っていることができなかったり、喋りすぎたり、貧乏ゆすりなどの症状として現れます。

 

 

 

 

B衝動性

 

衝動性では結果を考えずに行動に移してしまうといった特徴があります。

 

 

 

 

 

 

具体例をあげると、順番を待てずに割り込みしたり、他の人がしていることを邪魔してしまったり、衝動買いが多かったり、思ったことをすぐに口にしてしまうなどの症状として現れます。

 

 

 

 

 

ADHDの症状の現れ方には個人差がありますし、環境によっても異なるとされていますが、症状は幼児期から現れる場合が多く、幼稚園や小学校に入学し集団生活を送るなかで、これらの症状が目立つようになり、集団での生活に支障をきたしはじめADHDが発覚することが多いようです。

 

 

 

 

 

ADHDの症状の現れ方によって、『不注意が目立つ群』『多動性・衝動性が目立つ群』『混合群』の3つに分けることができます。

ADHDの原因は?

子供に落ち着きがなかったりすると親の教育不足を指摘されることもあり、

 

 

 

「私の育て方が悪いから子供がこうなってしまったのではないか?」と今まで以上に躾を厳しくされてしまうケースもあるようですが、ADHDによる症状ならそれは間違った対応です。

 

 

 

 

ADHDは「多動」「不注意」「衝動」といった3つの症状がみられる病気で、発達障害によってこれらの症状を伴うと考えられており、育て方やしつけの問題ではありません。

 

 

 

 

このADHDは先天性の障害で生まれつきだと言われていますが、ADHDの原因としてどのようなことが考えられるのでしょうか。

 

 

 

 

ADHDの原因ですが、まだ正確には解明されてはおらず研究段階にあります。

 

 

 

 

 

しかし、これまでに様々な研究が行われており脳の機能障害によって起こるといった考えや、先天性の障害のため環境的な要因も影響しているといった考えもあります。

 

 

 

 

 

まず、様々な研究を重ね脳の機能障害によって起こる考えられていますが、
これまでの研究によりADHDの人は、健常の人と比べると行動などをコントロールしている神経系の働きに異常があると考えられています。

 

 

 

 

 

脳内の神経伝達物質であるドーパミンには、快感を感じたり、意欲を出したりするなど、運動・調節に関連する働きを担っているホルモンなのですが、ADHDの人の場合このドーパミンの働きが弱くなっていることが分かっています。

 

 

 

 

 

そのため、このドーパミンの分泌異常によってADHDを引き起こすと考えられており、
実際にADHDの治療においてドーパミンの分泌量をコントロールする薬が使用されています。

 

 

 

 

 

そして、ADHDの原因として環境的要因も指摘されています。

 

 

 

 

 

ADHDは先天性の障害のため、生まれてからの環境ではなく、妊娠中におかれた環境です。
具体例をあげますと、母親が喫煙者であったり、出産時の仮死状態や低酸素状態などが影響していることを指摘する声があがっています。

 

 

 

 

 

また、ADHDは遺伝するのか?と気になる方も多いと思いますが、遺伝の影響が指摘される声もあがっています。

 

 

 

 

 

しかし、ADHDを発症する具体的な遺伝子があるというわけではなく、複数の遺伝子によってADHDを発症するのではないか?と考えられています。

 

 

 

 

 

この遺伝子に関しては、特にドーパミンに影響を与える遺伝子に異常がみられるといった報告もあるようです。

ADHD、遺伝との関係性

両親のどちらかがADHDの症状があり、子供にADHDに似た“落ち着きがない”や“集中できずにすぐに飽きてしまう”といった症状があると、子供もADHDなのではないか?と疑ってしまう方も少なくないと思います。

 

 

 

ADHDの原因はまだ解明されていませんが、前頭葉の働きが弱いため起こる脳の機能障害といった考えや、出産時の頭部外傷、妊娠中に母親が喫煙していたり、アルコールやドラッグの摂取などの環境的なことが影響しているといった考えもあります。

 

 

 

ADHDは先天性の障害だとされていますが、家族がADHDの場合、子供に遺伝してしまうのではないか?と心配になると思います。

 

 

 

ADHDは遺伝するのか?ということですが、ADHDは遺伝の影響がある事も指摘されています。

 

 

 

 

ADHDの子供の脳内を詳しく検査された報告によりますと、脳内の神経伝達物質に異常がみられ、特にドーパミンに関係するような遺伝子に異常があり、その影響から発症するのではないかと考えられています。

 

 

 

 

ただ、具体的な遺伝子が存在しているということではなく、ADHDを発症する原因は複数の遺伝子が絡んで発症するのではないか?とも考えられています。

 

 

 

 

両親や家族にADHDの人がいるからといって、必ずしもADHDを発症するというわけではありません。

 

 

 

 

自分自身がADHDである場合、子供にADHDの傾向がみられると、とても心配で気がかりになると思います。

 

 

 

 

しかし、幼い子供の場合は好奇心が旺盛ですし、じっとしていられないなどの多動の症状はよくみられる症状のため、ある程度大きくならないとADHDかどうかの診断は難しいです。

 

 

 

 

また、脳の動きや仕組みは男女によって異なりますので、男の子の場合はじっとしていられないなどの多動が目立つため、症状が目立ちやすいといった傾向があります。

 

 

 

 

ちなみに、ADHDと診断を受ける年齢ですが、8〜10歳頃までがピークだと言われています。

ADHDとアスペルガーの違い

発達障害には、ADHDをはじめ、アスペルガー症候群や自閉症、学習障害などがありますが、その中でもADHDとアスペルガー症候群には似ている症状がありますが、ADHDとアスペルガー症候群は違う障害だと考えられており、対処法なども異なってきます。

 

 

 

では、ADHDとアスペルガー症候群を見分けるにはどんなところをみればいいのでしょうか。

 

 

 

今回はADHDとアスペルガー症候群の特徴を以下にまとめてみましたので、参考にされて下さい。

 

 

 

 

【ADHDの特徴】

 

 

ADHDには「多動性」「不注意」「衝動性」といった3つの症状が大きな特徴だとされています。

 

 

ADHDの人が対人関係で与える影響としては、ADHDの症状によっては仕事でのミスが多かったり、遅刻などで怒らせてしまうことはありますが、アスペルガー症候群との大きな違いがあります。

 

 

それは、他人の気持ちを読み取ることができるということです。

 

 

また、ADHDの症状によっても異なりますが、不注意の症状があると集中できないといった特徴があります。

 

 

 

【アスペルガー症候群の特徴】

 

 

アスペルガー症候群には「コミュニケーションの問題」「対人関係の障害」「限定された物事への興味やこだわり」といった3つの症状があります。

 

 

アスペルガー症候群の人が対人関係で与える影響としては、他人の気持ちを読み取ることが苦手なため、何気ない発言で相手を怒らせてしまうことがあります。

 

 

そして、会話の細かいニュアンスなどを聞き取ることが苦手なため、病気に理解のない人からは誤解を招くこともあります。

 

 

また、ADHDの人の場合、症状によっては集中力が持続しないこともありますが、アスペルガー症候群の人の場合は自分が好きなことに関してはこだわりが強いといった特徴があります。

 

 

そのため、長時間集中することもできます。

 

 

 

※ADHDもアスペルガー症候群も知的発達が遅れているわけではありませんし、症状の現れ方が似ている場合は区別がつきにくい病気でもありますが、気になる症状がある場合は早めに専門機関を受診され相談されて下さい。

ADHDの薬の効果

ADHDには、落ち着きがない、順番を待てない、ミスが多いなどの特徴的な症状を伴いますが、これらの症状によって学校や職場などで常識がないなどと周囲から誤解されてしまうことも多いです。

 

 

 

しかし、ADHDは自分で治そうと努力しても、そんな簡単なものではないため益々周囲からの理解を得られずに苦しい思いをされている方は少なくないですが、適切な治療を受けることで本人自身の負担が軽減できたり、集団生活の中でも生活を送りやすくすることは可能です。

 

 

 

今回はADHDの薬を使った治療方法に注目してまとめてみました。

 

 

 

まずADHDの薬物療法では、脳内の神経伝達物質であるドーパミンとノルアドレナリンを増やし、ADHDの症状をコントロールするといった目的があります。

 

 

 

 

ADHDの治療薬として承認されているものは2種類あり、ストラテラとコンサータです。

 

 

 

 

具体的にどのような薬なのかみていきましょう。

 

 

 

【ストラテラ(アトモキセチン)の特徴】

 

 

ドーパミンやノルアドレナリンの量を増やす働きがあり、日本国内でADHDに効果がある治療薬として承認されています。

 

 

以前は18歳以下の未成年を対象として開発されていましたが、現在は成人も服薬が可能となっています。

 

 

ストラテラはノルアドレナリンの受容体にのみに働きかけるといった特徴があるため、比較的副作用は現れにくいとされていますが、服薬開始直後は吐き気、腹痛、頭痛、眠気などの症状を感じやすいようですが、服薬を続けるうちに軽減していくことが多いようです。

 

 

 

また、他に服用されている薬がある場合は飲み合わせにも注意が必要な薬なため、主治医に確認されて下さい。

 

 

 

 

【コンサータ(メチルフェニデート)の特徴】

 

 

 

中枢神経に働きかけ、脳内の神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンの量を増やす働きがあります。

 

 

 

以前は18歳以下の未成年を対象として開発されていましたが、現在は成人も服薬できます。

 

 

 

コンサータの比較的現れやすい副作用としては、口の渇き、食欲不振、吐き気、便秘、頭痛、眠気などがあげられます。

 

 

 

 

また、コンサータは依存性や乱用のリスクから流通の規制が定められている薬でもあるため、自己判断による断薬や減薬によって禁断症状を伴うこともあるため、主治医の指導のもと正しく服用して下さい。

 

 

 

 

 

薬物療法によって、次第にADHDの症状が改善されると学習や仕事での能力や行動、周囲との関わりの中でトラブルや誤解を招くことも少なくなってきます。

 

 

 

 

また、ADHDは薬物療法だけではなく、心理療法や食事療法などの治療も必要になってきますし、ADHDを改善するには環境づくりも大切だと言われています。

ADHDの薬の副作用について

ADHDは多動性・衝動性・不注意を特徴とする発達障害の中の一つだとされており、
落ち着きがない、衝動的な行動が目立って誤解されてしまったり、集中力や注意力が欠けるなどの行動がみられます。

 

 

 

そのため、学校や職場などの集団での行動が求められる場合に支障をきたしたり、人間関係にも影響を与える場合もあるためADHDの疑いがある場合は専門機関での治療が求められます。

 

 

 

ADHDを発症する原因として脳内の神経伝達物質の分泌の異常によって起こると考えられており、薬で神経伝達物質の量をコントロールする薬物療法が有効な治療法だとされています。

 

 

 

ADHDを治療する薬として中枢神経刺激薬であるコンサータや、非中枢神経刺激薬であるストラテラがあります。

 

 

 

中枢神経刺激薬にはドーパミンの分泌を促す作用があり、
非中枢神経刺激薬にはノルアドレナリンの回収を妨げるように働きかけますが、このような効果が得られる反面副作用というものも存在します。

 

 

 

中枢神経刺激薬であるコンサータの副作用としては、イライラや落ち着かない、精神不安定、不眠、食欲低下、頭痛、吐き気、うつなどの症状を伴うこともあるとされています。
一方、非中枢神経刺激薬であるストラテラは薬の効果を感じられるまでに時間はかかりますが、耐性や依存性のリスクがないといったメリットがありますが、服薬開始直後に眠気、口の渇き、便秘、食欲減退などの副作用を伴うこともあるようです。

 

 

 

 

ネットなどでコンサータやストラテラの副作用に関する情報を収集をすると、
服薬開始前から不安に感じたりすると思いますが、副作用がひどい場合には薬を替えて対応されることもあるようですから主治医に相談されてみて下さい。

ADHDの治療方法

発達障害の一つにADHD(注意欠陥多動性障害)がありますが、どのような病気かご存知ですか。

 

 

 

まず、ADHDには多動性、不注意、衝動性といった症状がみられるといった特徴がある行動障害のことをいいます。

 

 

 

2歳頃の子供はとても好奇心が旺盛な時期で何事にも興味を持つ頃ですし、次から次へと他の物が気になってしまい、落ち着きがなく動き回るといった多動性は多くのお子さんにみられることです。

 

 

 

しかし、保育園や幼稚園に通うようになると社会のルールが徐々に身に付き、年齢とともに落ち着きをみせますが、ADHDが原因の多動性、不注意、衝動性の場合もあります。

 

 

 

ADHDの症状は2歳ごろから少しずつみられるようになってきますが、3歳児検診で初めてADHDの疑いがあることを指摘され気づくケースもあるようです。

 

 

 

ではADHDでは具体的にどのような症状を伴う病気なのでしょうか。

 

 

 

 

以下に簡単にまとめてみました。

 

 

 

【多動性の症状】
じっとしていることが出来ずに、動きが多いといった特徴があります。
例えば、授業中であっても、じっと椅子に座っていることが難しく、歩き回るといった症状がみられることもあります。

 

 

 

 

【不注意の症状】
注意力や集中力が持続しないといった特徴があります。
頻繁に忘れ物をする、片付けられないといった症状もあります。

 

 

 

 

ADHDの症状の現れ方には個人差がありますし、上記のような症状のある人が必ずADHDというわけではありませんが、ADHDの場合は日常生活に支障をきたしてしまうため、このあたりである程度判断することができるようです。

 

 

 

 

ADHDという病気を理解されていない方からは、親の育て方やしつけが悪いから落ち着きがなかったり、集中力が持続しないと言われがちですが、ADHDが原因のため親の育て方が悪いのでもなく、しけつの問題でもありません。

 

 

 

 

また、ADHDの症状によっては周囲から誤解を受けてしまうケースも少なくありませんが、ADHDの適切な治療を受け、生活に支障をきたさないような工夫も必要かと思います。

 

 

 

ADHDの治療方法ですが、まずあげられるのは薬物療法です。

 

 

 

ADHDの治療に用いられる薬は2種類あります。

 

 

 

@ストラテラ(アトモキセチン)
ノルアドレナリン再取り込み阻害薬で、効果を感じられるまでは1ヶ月程度かかるとされていますが、日本国内でADHDに効果がある治療薬として承認されています。

 

 

 

 

Aコンサータ(メチルフェニデート)
中枢神経に働きかけ、脳内の神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンの分泌量をコントロールする働きがあります。
服薬後2時間後ぐらい経つと効果を感じられます。

 

 

 

 

その他の治療方法としてはペアレント・トレーニング(親の訓練)、生活技能訓練などがあります。

 

 

 

 

お子さんがADHDの場合、薬物療法に抵抗のある親御さんは少なくないと思いますが、
最低限の範囲で薬を使用し、その他には環境を整えるなどの工夫が必要となってきます。
ADHDは自然に治るものではなく、適切な治療が必要だと言われていますが、適切な治療を受けられずに放置されてしまうケースも珍しくありません。

 

 

 

しかし、ADHDを放置することで不安・抑うつなどを引き起こすリスクが高まります。

 

 

病院に行くよりも効果的で、自宅でADHDを改善できる一番の方法は下記の改善マニュアルです!

 

↓   ↓    ↓