ADHD エビリファイ

通院なしで、薬も使わない治療方法

ADHDの薬 エビリファイの効果と副作用

ADHDの薬物療法では、コンサータやストラテラといった薬を使い脳内の神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンの不足を補い、ADHDの症状を軽減させることを目的とされています。

 

 

 

このコンサータやストラテラは、日本ではADHDの治療薬として適応されていますが、
コンサータやストラテラを使ってもADHDの症状が抑えられない場合もあります。

 

 

 

コンサータやストラテラでも効果が得られない場合に、エビリファイといった薬が使われることもあります。

 

 

 

もともと、エビリファイは統合失調症の治療薬としてつくられましたが、
欧米では発達障害の症状に伴う行動障害に対する治療薬として使用されており、日本でもADHDの症状がみられる子供に使われることもあります。

 

 

 

エビリファイはドーパミンの量を調整する薬で、
ドーパミンの量が多い場合は少なくするように働きかけ、逆に量が少ない場合は多くなるように働きかけるように作用します。

 

 

 

エビリファイは副作用も少なく、様々な病気で処方されていますが、
エビリファイの出やすい副作用としては、眠気や不安感、便秘、体重増加などがあげられます。

 

 

 

 

子供の場合は薬が効きすぎるため作用が強くなり、それに伴いぼーっとしたり、動きが鈍くなる、やる気をなくすなどの症状を伴うこともありますが、副作用が強く現れている場合は薬が強すぎることが考えられますので、すみやかに主治医に相談されて下さい。

 

 

 

ADHD 原因|薬なしでの治療方法のTOPへ戻る