ADHD 併発

通院なしで、薬も使わない治療方法

ADHDの併発する病気について

ADHDは発達障害の一つですが、アスペルガー症候群とも症状が似ているため誤診をされるケースもありますし、これらを併発して発症されている方もおられるようです。

 

 

 

ADHDとアスペルガー症候群の症状は似ていますが、ADHDとアスペルガー症候群は違う障害で、障害を引き起こしている脳機能の部位が異なるとされています。

 

 

 

ADHDとアスペルガー症候群ともに、思考や判断などの機能を司っている前頭葉の働きに異常がみられるということは同じですが、ADHDの方の場合は前頭葉の前野付近に、
アスペルガー症候群の方の場合は前頭葉の下前頭回に原因があり、異常をきたしているのではないかと考えられています。

 

 

 

同じ前頭葉であっても、働きに異常がみられる場所が異なるため症状も異なりますが、
ADHDとアスペルガー症候群を併発している場合は、どのような症状が現れるのでしょうか。

 

 

 

調べてみると、例えば、仕事中はアスペルガーの症状を強くもっていたり、集中力や注意力などに関してはADHDの特徴を持っていたりするようです。

 

 

 

そして、ADHDの方の場合二次障害として、うつ病や依存症を併発することもあると言われています。

 

 

 

 

ADHDの方の中には、成人してから自分がADHDだと診断をされた方もおられますが、自分がADHDだという認識がないまま就職した場合、仕事が上手くいかない、自分では気をつけているつもりなのに忘れ物が多い、書類の提出期限が守れない、集中して一つの仕事をすることができない、対人関係のトラブルが絶えないなど、周囲から誤解を招くケースも多くこのような心理ストレスからうつ病を発症しやすいと言われています。

 

 

 

 

また、大人の場合自由に使えるお金もあるため、ストレスを解消するために買い物やギャンブル、アルコールなどの依存症も併発しやすいと言われています。

 

 

 

ADHD 原因|薬なしでの治療方法のTOPへ戻る