ADHD 軽度

通院なしで、薬も使わない治療方法

ADHDの軽度な症状について

ADHDの症状が比較的軽度の場合は、落ち着きがなかったり、ミスや忘れ物が多いのは性格の問題と片付けられてしまい、ADHDという診断が下されない場合もあります。

 

 

 

中には親の躾がなっていないと勘違いされてしまい、距離を置かれてしまうこともあります。

 

 

 

就職し仕事を始めるようになってから、ミスや忘れ物が多いことに悩み、そこで初めて心療内科を受診したところ軽度のADHDだと診断を下されるケースも珍しいものではありません。

 

 

 

ADHDの症状が比較的軽度だと、普通とは何ら変わりはないため、問題行動の全てを周囲の人からはただ単にだらしがない人などと誤解を受けてしまうこともありますが、
ADHDの症状が軽度なのか、重度なのかはADHDの診断基準を参考に、該当する項目へのチェックが少ない場合には軽度だと判断されます。

 

 

 

そして、症状の発生頻度が少ない場合にもADHDが軽度だと診断されます。

 

 

 

 

また、ADHDの症状が比較的軽度の場合は見た目が普通の人とは何ら変わりがないといった特徴や、授業内容にはついていけるため学習能力には特に問題はみられないと言われています。

 

 

 

 

ただし、学習能力には問題はみられないものの、授業中に他の事が気になってしまい集中できないといった症状はみられます。

 

 

 

 

ADHDは発達障害の一つで病気ではなく、障害のため症状を完全になくすことはできないと言われています。

 

 

 

 

しかし、ADHDの症状が軽度の場合は、早期に適切な治療を行うことで大きな支障をきたすことなく日常生活を送ることも可能です。

 

 

 

 

特にお子さんが軽度のADHDだと診断を下された場合、
周囲が間違った対応をしてしまうことで、子供自身の成長を妨げてしまうこともありますので、ADHDについて正しい理解が求められます。

 

 

 

ADHD 原因|薬なしでの治療方法のTOPへ戻る