ADHD コンサータ

通院なしで、薬も使わない治療方法

コンサータの効果について

ADHDという病気をご存知ですか。

 

 

 

以前はADHDといえば子どもに多くみられるため、子ども特有の障害だとされていましたが、様々な研究や調査が行われることにより、実は大人になってからADHDと診断される方が多いということが明らかになってきました。

 

 

 

ADHDとは、不注意・多動性・衝動性の3つの症状を主とする発達障害の一つです。

 

 

 

このADHDを根本的に治療することはできないと言われていますが、
ADHDの治療薬によって症状を緩和させることは可能です。

 

 

 

ADHDの治療薬を用いることで、不注意や多動性、衝動性の症状を緩和させることができますが、ADHDの治療薬として使われるものにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

 

主にADHDの治療薬として使われているのは、ストラテラとコンサータの2種類です。

 

 

 

 

今回はコンサータを服用することでどのような効果が得られるのかを調べてみました。

 

 

 

 

コンサータ(メチルフェニデート)は、中枢神経を刺激し、脳内の神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンの分泌量を調節するという作用のある薬です。

 

 

 

 

 

コンサータの特徴としては、服用後数時間程度で次第に効果が感じられるようになり、
12時間程度効果が持続します。

 

 

 

 

そして、コンサータの服用を開始してから数日程度で効果が実感できると言われていますが、効果の現れ方には個人によって違いがあるため、しばらく服用を続けてみても効果が得られない場合は主治医に相談されてみて下さい。

 

 

 

 

ADHD治療薬を続けてみても効果が得られない場合は、ADHD特有の衝動性などの症状に合わせて安定薬や抗うつ薬などが使われることもあります。

 

 

 

 

また、薬というものは効果が得られる反面、副作用というものも存在します。

 

 

 

副作用は下記で。

コンサータの副作用は!?

ADHDは発達障害の一つで、主な症状として集中力が持続しない「不注意」、落ち着きがなく常にソワソワしてしまう「多動性」、思ったらすぐに行動に移してしまう「衝動性」の3つがあります。

 

 

 

これらの症状の現れ方には個人差があるため、例えば不注意の症状が主に現れる場合もありますし、多動性や衝動性の症状が目立つ場合もありますし、全ての症状が現れることもあります。

 

 

 

ADHDに対して効果のある治療薬として、主にコンサータとストラテラという2種類の薬が使われています。

 

 

 

コンサータの特徴としては、服薬後1〜2時間程度で次第に効果を実感できるようになるため即効性がありますし、効果は12時間程度持続するということです。

 

 

 

そして、このコンサータはADHDの不注意、多動性、衝動性の全ての症状を緩和させることも可能ですが、その一方で当然副作用というものも存在します。

 

 

 

今回はコンサータの副作用について紹介したいと思います。

 

 

 

 

まず、コンサータの副作用の中で一番現れやすいものは、食欲不振だと言われています。
コンサータには、服薬後1〜2時間程度効果を実感できたり、効果が12時間程度持続するといった特徴がありますが、特にその間は副作用が現れやすい傾向にあるようです。

 

 

 

 

 

この食欲不振は、子供の場合でも大人の場合でも見られる副作用で、
食欲不振によって体重減少を招くこともあり、あまりに急激な体重減少を招く場合には使用の中止が検討される場合もあります。

 

 

 

 

 

その他の副作用としては、吐き気、頭痛、不眠、便秘などがありますが、副作用の現れ方には個人差があるため、必ずしもこれらの副作用を伴うわけではありません。

 

 

 

 

 

しかし、あまりに激しい副作用を伴う場合には薬が合わないことが考えられますので、主治医や薬剤師さんに相談される必要があります。

 

 

 

 

 

またコンサータは、強いうつ症状や不安、緑内障、不整脈、頻脈、狭心症などの症状がある方には使用が禁止されているため、薬を使用される前に心電図検査や甲状腺の機能を確認するための検査が必要になってきます。

コンサータは依存性がある!?

ADHDの治療薬として、主にコンサータとストラテラという2種類の薬が処方されることが多いですが、コンサータはADHDの不注意、多動性、衝動性の全ての症状を緩和させることができるため、コンサータを処方されている方も多いようです。

 

 

 

 

その一方で、コンサータの副作用が心配になったり、
コンサータのような脳内の神経伝達物質の分泌量をコントロールするような薬は依存してしまうのではないか、、、と怖いイメージをお持ちの方も少なくないと思います。

 

 

 

依存に対する不安から【コンサータ 依存】というキーワードで検索される方もおられると思いますが、今回はコンサータと依存の問題について調べてみました。

 

 

 

 

以前は、ADHDの治療薬としてリタリンという薬も処方されていたのですが、
このリタリンには薬物依存など様々な問題がみられるため、現在はADHDの方にリタリンの処方は行われなくなりました。

 

 

 

 

そのリタリンに代わる治療薬としてコンサータが登場しましたが、
コンサータの主成分は、リタリンと同じくメチルフェニデートというものが含まれており、このメチルフェニデートには依存性があることが明らかにされています。

 

 

 

 

 

コンサータと薬物依存が問題となっているリタリンの主成分が同じため、
コンサータも薬物依存のリスクが高い薬なのでは、、、と不安に思われるかもしれませんが、成分自体は同じなのですが、コンサータの場合、薬の効き目をゆっくりと発揮するように特殊な加工がされています。

 

 

 

 

そのため、薬の服用後の血中濃度の上がり方がゆるやかになるため、コンサータの場合は比較的依存しにくいと言われており、安心して服薬することができます。

 

 

 

 

 

しかし、コンサータをはじめストラテラなどの治療薬はADHDを完治させるものではなく、服薬期間中は症状を緩和できる薬だということを理解しておく必要があります。

 

 

 

 

また、長期間服用が必要になる場合も多いと思いますが、
コンサータを長期間服用することで、どんどん体が慣れてしまい次第に効果が感じられなくなってしまうこともあります。

 

 

 

 

 

ADHDの治療において薬物療法にだけ頼るのではなく、周囲の人の対応や環境を見直し改善するなど、ADHDの患者さん自身が生きやすい環境作りも重要になってきます。

コンサータによる離脱症状

ADHDの治療薬の一つとして、子どものADHD患者さんにも大人のADHD患者さんにもコンサータが処方されていますが、コンサータは中枢神経を刺激し、脳内の神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンの量を調節することで、ADHDによって伴う不注意や多動性、衝動性の症状を緩和する効果が期待できます。

 

 

 

しかし、その一方でコンサータの副作用や依存性、そして離脱症状を心配される方は少なくありません。

 

 

 

 

特にお子さんにコンサータの薬を飲ませる場合、不安に思われる方は多いと思います。

 

 

 

 

うつ病やパニック障害などの治療に使う薬の中には、確かに薬の減薬時や断薬時に激しい離脱症状を伴うことで有名な薬もあり、なかなか薬がやめられずに苦しい思いをされる方も決して少なくありません。

 

 

 

 

 

離脱症状は、薬の減薬や断薬を行う過程で現れやすい症状で、
強い不安感や焦燥感、不眠などの症状を伴いやすいため、主治医であっても減薬や断薬は慎重に行われるため、自己判断で勝手に服用を中止するのはとても危険なのです。

 

 

 

 

コンサータは減薬や断薬時に離脱症状を伴いやすいのでしょうか。

 

 

 

 

 

調べてみると、コンサータは基本的に依存しにくい薬だと言われており、
比較的離脱症状も起こりにくい薬だとされています。

 

 

 

 

 

実際にコンサータを処方されている方で、たまたまコンサータを飲み忘れてしまった日があったけれども、特に離脱症状はなかったといった方もおられます。

 

 

 

 

ただし、薬の効果の感じ方や副作用の現れ方には個人による差が大きく、
コンサータで離脱症状のような症状を伴うこともあるようです。

 

 

 

 

 

小学生の息子がADHDの症状がみられるため、5年以上もコンサータの服用をされていた方の情報によりますと、薬の服用を止めてから薬が体から抜けるまで頭痛の症状が毎日続いていたようです。

 

 

 

 

また、ある方の情報によりますと、コンサータを飲み忘れてしまい、お昼を過ぎた頃から離脱症状なのか、強烈な眠気や頭が回らないという状態に陥ってしまったようです。

 

 

 

 

 

強烈な眠気によって昼寝のつもりが15時間近くも昏睡したように眠り続けてしまったこともあるようです。

 

 

 

 

 

このように離脱症状の現れ方や症状、期間には個人差がありますので、自己判断での減薬や断薬は非常に危険です。

 

 

 

ADHDの薬を使わない改善方法はこちらです⇒アスペルガーADHD発達障害改善マニュアルはこちらをクリック