ADHD メリット

通院なしで、薬も使わない治療方法

ADHDでもメリットはあるの?

大事な約束を忘れてしまったり、約束の時間を守れない、忘れ物が目立つ、片付けが出来ない、落ち着きがない、コミニュケーションが上手く取れずに人間関係などで悩まれている場合は、もしかしたらADHD(注意欠如多動性障害)である可能性があります。

 

 

 

ADHDは躾や性格の問題ではなく、脳の前頭前野の機能障害によって起こる病気です。

 

 

 

ADHDの主な症状である不注意、多動性、衝動性は、周囲の人からだらしがない人や信頼できないなどの悪い評価を受けてしまうこともありますし、誤解を招くことも多いです。

 

 

 

ADHDはマイナス的な要素がありデメリットも多いと多いますが、ADHDであるメリットというものも存在します。

 

 

 

 

お子さんがADHDだと、学業での悩みや将来仕事に就けるのかなどの悩み事もつきものですが、ADHDのお子さんの場合、自分の好きなことに対する執着が強い傾向にあり、好きなことに対しては集中することが出来ます。

 

 

 

 

そのため、お子さんの才能や好きなことを見つけてあげて、それをサポートすると大きく才能を伸ばすことも可能です。

 

 

 

 

また、ADHDの主な症状として不注意、多動性、衝動性といった3つの特徴があります。

 

 

 

 

これらの症状は周囲から、落ち着きがない、空気が読めないなどの誤解を招くことも多くマイナーなイメージがありますが、逆にプラスになることもあります。

 

 

 

 

例えば、多動の行動があると周囲からは落ち着きがないと思われることもありますが、エネルギッシュだとも言えます。

 

 

 

 

そして、ADHDの方の場合、単調な作業や同じことを繰り返すことが苦手だといった特徴がありますが、これをプラスに考えると常に新しいことに挑戦しようとする姿勢があったり、実行力や行動力があり、創造性があるということも大きなメリットではないでしょうか。

 

 

 

ADHD 原因|薬なしでの治療方法のTOPへ戻る