ADHD 大人

通院なしで、薬も使わない治療方法

ADHD、大人の場合

あなたの周囲に思ったことを何でも発言してしまい、悪気はなさそうなんだけれどもその場の空気が読めずに協調性や社交性が乏しく感じるような人はいませんか。

 

 

 

また、仕事上で些細なミスが多かったり、大事な資料を忘れてくる、遅刻が多いなど、
これらの症状が頻繁にみられる場合はADHDの疑いがあります。

 

 

 

ADHDは発達障害の一つですが、ADHDと聞けば子供特有の障害だといったイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

しかし、子供の頃からADHDの症状がみられる場合は、大人になっても何かしらの症状が継続すると言われています。

 

 

 

ADHDは子供の頃から症状がみられますが、子供の頃はよく怪我をしたり、周囲から落ち着きがない子と言われただの性格だと思っていたものの、実は大人になってADHDだと診断をされるケースもあります。

 

 

 

 

大人のADHDの方の場合、症状によっては仕事や生活が困難になることもありますし、
周囲からの理解が得られずにうつ病などを引き起こすケースも珍しいものではありません。

 

 

 

 

さらに、発達障害を持つ方の場合、何かにのめりこみやすいといった特徴があり、買い物依存症やギャンブル、アルコール依存症などになるリスクも伴います。

 

 

 

 

 

大人になると、身体的な面での多動が目立たなくなるといった特徴がありますが、
整理整頓が苦手、集中力が持続しない、すぐに気が散ってしまう、ミスが多い、失敗を繰り返す、期限を守れない、注意力が弱いなどの症状がみられ、上司や同僚からは仕事ができない人などと誤解を招きやすい現状にあります。

 

 

 

 

しかし、自分はADHDだからと諦めるのではなく、例えば仕事中にすぐに気が散ってしまう場合は、やらなければならない仕事に優先順位をつけるなどのちょっとした工夫をするだけでも、仕事の効率が上がりますが、症状によっては仕事で大きな支障をきたす場合もありますので専門機関での治療が必要となる場合もあります。

 

 

ADHD 原因|薬なしでの治療方法のTOPへ戻る