ADHD 仕事

通院なしで、薬も使わない治療方法

ADHDでの仕事の向き合い方について

ADHD(注意欠如・多動性障害)とは発達障害の中の一つだとされており、
生まれつき脳の一部の機能に障害があることが明らかになっています。

 

 

 

ADHDの方の場合、行動や感情を自分でコントロールすることができないといった特徴があり、不注意、多動性、衝動性がADHDの主な症状だとされています。

 

 

 

例えば、不注意の症状が強く認められる場合には集中して話を聞くことができなかったり、大事なことでもすぐに忘れてしまう、忘れ物が多いなどの症状を伴いますし、
多動性の症状が強く認められる場合には話しだすと止まらなかったり、ソワソワして落ち着きがないなどの症状を伴うこともあります。

 

 

 

大人のADHDの方の場合は会議中に落ち着きがなく席を外してしまうなどの行動面に関する多動性を抑えることはできるようですが、会議中に別のことに気を取られ集中できないなどの頭に関する多動性の症状はみられるようです。

 

 

 

ADHDの方の場合、仕事が上手くいかなかったり職場での人間関係に悩まれるケースも多いです。

 

 

 

 

例えば、書類の締め切りに期限に間に合わないことが度々続くと、上司や同僚からこの人は信頼できないと誤解を招くだけではなく、大事な仕事を任してもらえなくなるなど仕事上で厳しい状況に置かれてしまい人間関係も悪化してしまいます…。

 

 

 

 

では、ADHDの方はどのような仕事に向いているのかや、ADHDと向き合いながら仕事を続けていくにはどのようなものが望ましいのでしょうか。

 

 

 

 

まず、ADHDの方の場合、工場の流れ作業や製品の検査、デスクワークなど単調な繰り返しで行う作業が苦手な方が多いようで仕事内容が苦痛に感じてしまい、なかなか続かないようです。

 

 

 

 

その一方で、行動力を活かせる営業や販売、デザイナーなどに向いていると言われており、実力を発揮しやすいようです。

 

 

 

ADHD 原因|薬なしでの治療方法のTOPへ戻る