ADHD タバコ

通院なしで、薬も使わない治療方法

ADHDとタバコの関係性は!?

喫煙されている方は、タバコを吸うことでADHDの症状が悪化するのではないかや、タバコはADHDに影響を与えてしまうのではないか、、、といったことが気がかりな方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

その一方で、ADHDの症状がタバコで改善したなどの情報もあり、ADHDとタバコの関連性が非常に気になります。

 

 

 

 

実際にADHDの人は喫煙者が多いと言われており、
ADHD患者ではない人と比較すると、ADHD患者の喫煙者数は2倍だとも言われています。

 

 

 

 

しかし、ADHDの人の場合、何気なくはじめたタバコがなかなか止められない方が多いようです。

 

 

 

 

 

ADHDの人の場合、タバコをはじめ、コーヒーやアルコール、薬物などに依存しやすいといった特徴があるため、禁煙したくてもすでに依存してしまっており、なかなか止められないといった現状もあるようです。

 

 

 

 

 

ネット上ではADHDの症状がタバコを吸うことで改善したやタバコから得られるメリットもあるなどの情報も飛び交ってますが、ある研究ではタバコを吸うことでADHDの症状の特徴でもある多動性を悪化させてしまうことが報告されています。

 

 

 

 

そして、喫煙者自身だけではなく、受動喫煙との関連性も指摘されています。

 

 

 

 

公共の場では喫煙スペースが少なくなるなど、以前から受動喫煙によってタバコを吸わない人への健康被害は問題視されていましたが、受動喫煙によって精神的な面でも影響を与える可能性があるということが明らかになっています。

 

 

 

 

 

ある研究結果では、親が喫煙者で受動喫煙の受ける状況にさらされた子供は、そうでない子供と比較するとADHDなどの障害を起こしやすいということが明らかになっています。

 

 

 

 

 

さらに、ADHDだけではなくうつ病などの精神疾患も発症する可能性があることを指摘されています。

 

 

 

 

 

また、母親が妊娠中にタバコを吸うことによって、タバコに含まれているニコチンという成分が胎児の脳神経に影響を与えてしまうことで、ADHDの発症に大きな影響を与えてしまうとも考えられています。

 

 

 

ADHD 原因|薬なしでの治療方法のTOPへ戻る