ADHD 運転

通院なしで、薬も使わない治療方法

ADHDは運転できる?

ADHDでは多動、衝動、不注意の症状があるため、運転免許取得は可能なのか?といった不安や、車の運転が怖いと悩まれる方も多いようです。

 

 

 

交通事故のニュースは絶えませんが、運転を一歩間違えたら交通事故を起こしてしまいますし、時には周囲の人を巻き込んだ大事故を起こしてしまうかもしれません。

 

 

 

交通の便が悪く、通勤や買い物に行く時などに絶対に車が必要だという地域もありますが、ADHDの方の場合運転免許を取得することはできるのでしょうか。

 

 

 

 

調べてみると、ADHDの方でも必要であれば運転免許を取得し、車の運転をすることも可能です。

 

 

 

しかし、ADHDの方の場合些細なミスが恐ろしいほど頻繁にあり、その結果大事故を起こすリスクも高まります。

 

 

 

 

ADHDの症状の現れ方には個人差がありますので、必ずしもADHDの方が運転が可能とは言い切れませんが、比較的症状が軽い場合はそれほど運転に影響を及ぼさないかもしれませんし、症状によっては運転が困難なほど支障をきたしてしまう場合もあります。

 

 

 

 

ADHDの方の場合、事故を起こしやすい傾向があると言われていますが、
これはADHDの多動、衝動、不注意の症状と大きな関わりがあるからです。

 

 

 

 

例えば、ADHDの不注意の症状によって信号や標識を見落としてしまったり、横断歩道を渡っている歩行者を見落としてしまったり、何か他の物に目がいきわき見運転をしてしまったりするなど、注意力が欠けるために事故を起こしやすくなってしまうのです。

 

 

 

 

実際にADHDの方の場合「車の運転中に話かけられると方向を間違えたりして、集中力が低下してしまう…。」といった体験談もありました。

 

 

 

 

また、衝動の症状が強く現れる場合は、スピードを出しすぎたり、追い越しを繰り返したり危険な運転が目立ち、その結果周囲の人を巻き込んだ事故を起こしてしまうこともあります。

 

 

 

 

ADHDの衝動の症状が強い方の情報によりますと「運転中どうしても周りの車と競争したくなってしまう…。」といった書き込みもありました。

 

 

 

 

 

必ずしもADHDの方が事故を起こすわけではありませんが、健常者の方と比較すると不注意や衝動などの症状から招く事故を起こしやすいと言われていますので、運転される際には気をつけなければなりません。

 

 

 

ADHD 原因|薬なしでの治療方法のTOPへ戻る